オバマ新政権が間もなく誕生 - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマ新政権が間もなく誕生

今晩未明にバラク・オバマ新大統領が誕生しますね。
ワシントンには当初の予想をはるかに上回る200万人もの人が国中・世界中から
集結しているようです。

桁外れな数字ですね。
それだけ、多くの国民がオバマ新政権に期待しているという表れ、
何だか羨ましいですね。


以前から議論があるようですが、日本も大統領制にした方がいいのかも?と
思ってしまいます。
少なくとも、国のトップくらいは国民の投票で選んだ方がいいのではないでしょうか。


前回の記事に引き続き、定額給付金の事を書きたいと思います。

無駄なばら撒きである事は自明の理、麻生総理は未だに給付を行おうと
しているようですが、反対意見ばかりなのに何で?という感じです。


以前、このブログで書いたのかなぁ、元経済財政政策担当大臣など複数の
大臣を兼任した竹中平蔵氏は、「私なら2兆円を使って数ヶ月間、高速道路を
無料化する。そうしてモノの流通を促す」と某ラジオ番組で語っていました。

讀賣新聞では「2兆円で実現可能な施策」として

■年収200万円の雇用を100万人(1年間)
■全国の公立小中学校の芝生化、太陽パネル設置
■小学校教員役28万6000人を増員(1年間)
■H2Aロケットを200本製造と打ち上げ
■片側2車線の道路役400キロ(東京ー岐阜・関が原)
■海上保安庁の巡視船400隻
■東京湾アクアライン1.5本
■イージス艦14隻(現在は6隻)


と紹介していました。中には?が付くものもありますが、選挙対策のばら撒きに
比べたら、よっぽど戦略的な使い方だと思います。
待機児童の問題は仕事を持つお母さんにとって大きな問題です。現在、日本中で
約2万人の待機児童がいるといわれる中、2兆円あればこの問題を解決できると
試算されています。

学校のエコ化も2兆円あれば十分。
現在ある公立小中学校3万2500校の運動場を全て芝生化し、
さらに屋根にエコエネルギーとして期待される太陽光パネルを設置しても
約1兆6千億円だと言いますからお釣りが出ます。


高額所得者はどうするのか?とか首相自身は受け取るのかなどと
低レベルな事で議論していないで、税金の使い道を真剣に与党自民党は
考えてもらいたいです。


と書いているうちに就任式は2時間後。
演説の上手さでも定評のあるオバマ氏ですが、どんな大統領就任演説を
するんでしょうね。
今晩はライブでしっかり見たいと思います。




スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/111-4544f4b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。