身体と脳 - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体と脳

身体だけ鍛えてもダメ、
だけ鍛えてもダメ、

最近つとに感じるわけです。現代人はあまりにも
脳ばかりを使いすぎて、身体を使っていないと。


別に脳を使うなと言っているわけではないけど、
バランスが大切。


身体を使うと言うことは”五感”の感度を上げるということだ。
そのためには色んな体験をした方が良い。

見て、聞いて、嗅いで、味わって、触ってみる

そしてその時に感じたことと何かを結びつけるのだ。
これが学び。

同じ文章を書くにも、現代のようなメールでは対して
脳は使われていないのではないだろうか?

これが手紙なら話は別。
相手の事を思って文章を考える。
気に入らないフレーズは丹念に消して、
何度も何度も読み返す。


父親との思い出はないだろうか?
夏休みに虫取りに行ったり、キャッチボールをしたり、
その時の草の匂い、土の感触を今ではありありと
思い出すことができるだろう。


経験は脳と身体で学んでいくのではないだろうか?


今のような温室育ちの現代人は五感が鈍りすぎている。
すなわち身体が腐っているのだ。

だが、脳だけは発達している。
まさに”頭でっかち”

脳と身体のバランスが悪すぎる。
もっともっと身体を動かして五感を鍛えるべきだろう。


大人になって鬱病を患う人、子供が社会に出られずに
引き篭もってしまうしまうのは身体が鍛えられていないからでは
ないだろうか?

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/12-72ff8000

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。