人を知ることは山登りに似ている - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を知ることは山登りに似ている

先週はあんなに暖かかったのにぃ~!
今週は季節が逆戻りしたようです。

おかげで起床が辛くて辛くて・・・でも、雪の中で桜が咲いている映像を観ました。
冬の寒さに逆戻りの日本列島ですが、桜前線はゆっくりと、でも確実に
北上しているもよう、自然のサイクルって凄いなぁと感心してしまいます。


空気が澄んだ日には東京からでも富士山を見る事が出来ます。
東名高速あるいは電車の窓から見える富士山は雄大で美しい。
そう、遠くから見える富士山を見れば誰もがそう思うことでしょう。

でも、実際に富士登山をしてみると・・・

登れば登るほど、辺りは岩ばかり。
標高3000mも越えれば草木が一本も生えていません。

遠くから見えた富士山の上の部分は、実際に足を踏み入れると
全く違う光景となります。


人との関わりも同じです。
他人に対して憧れを抱く事は誰しもあるもの。
遠くから見ているとその人は魅力的で輝いて見えます。

でも、その人と親しくなればなるほど、その人の事を知れば知るほど
段々と今まで見えてこなかったものが見えてきます。
遠くで見ていた富士山から実際に足を踏み入れるようなもの。

そして、山を登れば登るほど(相手を知れば知るほど)苦しくなるかもしれない。
憧れていたものが自分の幻想だったり、近くで見るとそれほどのものでは
なかったりと。

だが、人間関係が深まるというのはそういう事だ。

ここで忘れてはいけない事がある。
それは、相手から見ても今まで相手が抱いていたあなたへの幻想が、実際に
あなたと接して崩れているかもしれない事だ。
あなたに対するイメージが大きく変わっているかもしれない。


相手がそれを承知でなおあなたと同じように付き合ってくれているのなら、
その人にとってあなたはそれだけ魅力的な人間だと言う事だ。

今、人間関係で悩みを抱えているのなら、一方的に相手を責めたりせず、一度
相手の立場に立って自分の今までの振る舞いを思い出してみるのもよいだろう。


最後に・・・

コミュニケーションが苦手だとか、相手の事が分からないという人がいるが、
そういう人は山を登ってみたのだろうか??
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/130-962378da

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。