自己をならう、とは? - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己をならう、とは?

外は雨が降っています。
でも、降り始めが遅くて助かりました。
先月から帰宅ランニングを始めて、今日は実施しようかどうするか迷っていたんです。
でも、退社の時に降っていなかったので一か八かで帰宅ランを実施、その結果は・・・

家に着いてしばらくすると雨の音が!
我が進む道には雨は降らんのじゃ!!


今日は初々しい、まだスーツに着られたフレッシュマンの姿を多く見ました。
期待に胸を膨らませた新生活のスタートなんでしょうね、その表情は晴れやかに見えました。

おーっと、あっという間にカウントダウンタイマーも間もなく一桁になりそうです。
オープンハートの会7周年記念パーティー
公式ブログ「出逢いとチャレンジで変わる」では会長である古市佳央さんが
メッセージを寄せています。

パーティーのテーマは「夢」です。

夢の持ちにくい時代だ、なんて言われていますが、本当にそうなんでしょうか?
一度は自ら”死”を選ぼうとした古市さんはどんなメッセージをおくるんでしょうね。
お時間のある方は是非、会場へお越し下さい。


前回の記事、ちょっと分かり難かったかもしれません。
映画「禅 ZEN」を
観た人なら分かったかな。

最近は「禅」がマイブームで近く坐禅をしに行く予定なんです。
そして、今、読んでいる本が禅の言葉、別に仏道に入ろうとは思っていませんけどね(笑)
素敵なブックカバーを誕生日プレゼントに頂いたので、バッグにいつも忍ばせて
あります。

ちょっと、「これは理解し難いなぁ」という事も書いてあるんだけど、自分自身を
見つめ直すのに良い機会だと思う事も。

例えば、
目は何故見えるのか?とか、
ご飯を食べて”美味しい”と感動するのは何故なのか?
動物の中で人間だけが「生きていけない」と悩むのは何故なのか・・・


私の好きな作家である五木寛之さんの「他力」という本にも近いものが
あるのだけれど、自己の力では及ばないもの、それを英語で
”great something”と言ったりもするのだけれど、やはり人間は
生かされた存在なんだなぁ、としみじみと思うわけです。


「自己をならうというは、自己をわするるなり」

「ならう」というのは感じにすると「習う」です。自分自身を習う=知る、という事が
何で自分を忘れることなのか?

それは、人の考えと言う行為があまりにも機械的だから。
人の行動のほとんどは二つの考えの選択に過ぎない。
・好きか嫌いか
・良いか悪いか
・プラスかマイナスか
・損か得か

そう考えるのは素晴らしい能力であり必要な事だけど、時には
考える事をやめてみなさい、と道元は説くのです。
言い換えると”無心”になるという事でしょうか。


子供の時に、飽きもせず無邪気に追いかけっこをしていた時のように・・・





 
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/132-70a61b45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。