名が体を現す - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名が体を現す

土曜日は盛りだくさんの一日でした。
午前は武蔵野市に拠点を置くNPO法人武蔵野農業ふれあい村の見学に
行ってきました。
(ホームページがあるのですが、検索にかからないので村長のブログをリンクに
貼っています、独自ドメインで運営すればいいのに・・・)

環境フェスタというものを見学した時にこの武蔵野農業ふれあい村の存在を知り、
過去に農家で半年ほどアルバイトをしていた私の血が騒ぎました。
日本の食料自給率は40%を切っている一方で、若者の間で「農業をやりたい」という
人も結構いるようです、私自身も興味の高い分野なのでこれから一年間、この活動に
参加して何か事を起こせたらよいなぁ、と思います。
もうすぐ専用のブログを立ち上げるのでしばしお待ちを。


午後一にはアカデミー賞で8冠を達成したスラムドッグ$ミリオネア、夜には60才のラブレター
試写してきました。

スラムドッグ$ミリオネアの試写は六本木のミッドタウンで行われたのですが、
34階のGyaoの試写室は快適そのもの、そこから風景も絶景でした。

tokyotower    東京タワー

でも、アカデミー賞8冠という割りにはそれほどの作品ではありませんでした。
インドほど酷くはありませんが、マインと的にはまるで過去の日本を見ているような
錯覚すら覚えてしまいました。
むしろ、夜に試写した「60才のラブレター」の方が遙かに胸に響きました。
(映画のレビューは専用ブログで行っているのでここでは割愛します。)


またまた道元の話をしたいと思います。
もう何が何だか分かりませんが(笑)お付き合い下さいね。


道元は「無目的な生き方」を説いています。
ここには明日の「運命は誰も分からないのだから、今を一生懸命に生きよ」という
メッセージがあるような・・・
人生には計画が必要だと思うんですけどね。
バランスの問題という事でしょうか??

目的があるからその目的に向かって行ける、その一方で、目的に支配された心が
人生を破滅に追いやる、何とも皮肉な話です。
人生に目的は必要なんだろうか?その目的はどのくらいあなたの人生を
支配するんでしょうね、私には分かりません。


自己を習うには自己を捨てる必要がある。
突然ですが、自然界の中で人間だけが持っているものがあります。
それは何でしょうか?


答えは「名前」です。

道元はこの名前さえも忘れよと言います。
’ 名は体を表す’と言われる事があります。
人は産まれた時から名前を授かります。でも、胎内に居た時には
名前は名付けられない。
自分の名前が付けられた時から、あなたはその名前の人物であり、
母体に居た時の!名無しのごんべい!ではありません。
その名もなき自分を思い出せ、と道元は言うのです。

全くわけが解りません(汗)


飛躍した考えをすると名前の無いものに名が授けられる、名が無い時は
誰もが同じ存在だと言う事、偉大なる力によって授けられた同じ存在だと
言うことではないでしょうか。

だからこそ、人智が及ぶ範囲内では理解できない事がある。
目に見えないもの、科学では解明できない偉大な力が存在しているのです。

名前を付けられることによってどうしてもその名前に支配されてしまう。
自己を忘れる、とは自分の名前さえもない状態を言います、あなたには
想像できるだろうか???







スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/134-eaed8d38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。