人の心理を学べば学ぶほど - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の心理を学べば学ぶほど

人の心理が分からなくなってしまう。

こんばんは。
本当に良い陽気ですね。
急な気温の変化に体調を崩している人もいるようですが、私は
絶好調です。


出版業界の最近のベストセラーを見ると、幸せな生き方とか心理に関する
ものが非常に多いですね。こんな先行き不透明な世の中だからこそ、
このような本が売れるのでしょう。
私自身もこの類(たぐい)の本は好きなので良く読むんですけどね、
実際はこれによって幸せになれるのは筆者なのかな、とも思ってしまいます。


冒頭の言葉はある心理学者の告白です。
心理学者などと聞くと、話しただけで心を見透かされるようで嫌な気分に
なる人がいるかもしれません。
他人の心理状態を研究して心を操ろうとしているのでは?と猜疑心を
抱く人も。

でも、この心理学者によるとそれは全く逆のようです。

学校で学んだ事があると思いますが、哲学者ソクラテスの有名な言葉
「無知の知」に似ているかもしれません。
ソクラテスは自分が無知であることを自覚していました。

心理学者は自分が心理が分からないことを自覚しなければならないのです。
と言うのも心理学者というのは他の人が見ているよりももっと深い相手の心の奥底を
見ようとするからです。

具体例を挙げます。
児童虐待により子供が死亡したり重体になったと報道されます。
普通の人はこのようなニュースを聞くと直ぐに「何て悪い容疑者なんだ。」と
事件の背景(容疑者の心の闇)も知らずに勝手な想像をしてしまいます。
心理学者はそこから一歩踏み込んで、容疑者の心に思いを馳せます。
DVをしていた容疑者が実は幼少時代に虐待を受けていたり、あるいは会社で
パワーハラスメントを受けたりといった具合にです。

一般の人がミクロでしか見ていなった視野をマクロに広げる必要が心理学者には
あるのです。

そう考えると人の心理というのは如何に複雑だという事が多少なりとも分かるのでは
ないでしょうか。この心理と言うのが捉え所がなく、別の人の心理までが
まるでネットワークのように影響を及ぼしているから益々分からなくなってしまう。
だからこそ、心理学を追求すればするほど人の心理が解らなくなってしまうという訳。

相手の心を真に開かせるのは並大抵の事ではありません。
オープンハート、カギまでかかった閉ざされた相手の心をいかにして開かせることが
出来るか、それこそが心理カウンセラーの腕の見せ所のようです。

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/137-335fdb26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。