クレジットカードのショッピング枠現金化 - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードのショッピング枠現金化

新宿を歩いていると『クレジットカード現金化』という看板を持っている人を
よく見かける。

私のパソコンのメールフォルダにも件名に『ショッピング枠現金化』と言った
メールが無数に届いている。


今年、改正貸金業法が完全施行された事により消費者金融は大打撃を
受けた。
と同時に、いざという時の繋ぎ融資を頼りにする中小零細企業や一般市民にも
大きな影響を与えている。

多重債務者を出さない為の法改正であったがその中身は弱者の切り捨て
だったように思う。

年収の3分の1までしか借りられない総量規制の問題は法律の規制前から
専門家なども問題を指摘していた。
急場しのぎに気軽にキャッシングを利用していたのに、法律施行後には
それが出来なくなってしまった。


クレジットカードのショッピング枠現金化というのはこんな隙間を縫った
産業だ。
クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠というのがあって、
通常はショッピング枠の方が金額が多い。

キャッシング枠:10万円 ショッピング枠:50万円

と言った感じだ。
総量規制の対象はキャッシング枠だ。


そこでショッピング枠現金化業者はビー玉やおもちゃの指輪などを
消費者に対してショッピング枠で購入させ、手数料を引いた代金を消費者に渡すのだ。

100円ほどのおもちゃを10万円で購入させ1万円の手数料を引く、
差額の9万円を利用者の口座に振り込むといった手口だ。

この行為はカード会社が明確に違反と言っているが業者はお構いなしに
営業をしている。
今回、所得税法違反の疑いでカード現金化業者が初めて告発された事で
報道番組でこのカードショッピング枠現金化の実態が浮き彫りにされた。


でも、このような事態を起こしたのは政府の責任でもあるのではないだろうか?
年収の3分の1という総量規制を行う事で資金繰りに苦しむ人が急増する事は
容易に予想ができたはず。
にも関わらずその対策を講じなかった政府の責任は重い。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/169-8f43438e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。