税金を払うのは止めにしよう - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税金を払うのは止めにしよう

本当に・・・いつになったら国会議員の議員定数の削減は行われるのだろうか?

民間はもちろんの事、地方公務員は激し痛みが強いられているというのに
馬鹿な議員たちは一向に仕分けされる雰囲気すらない。

演技は議員の三宅雪子ですか、酔っ払って自宅マンションから転落し大けがをしたのは。
泥酔の挙句、携帯電話の操作を誤ってベランダから転落したようだけど彼女の休業補償(議員歳費)は
税金から支払われるのだろうか?

市町村合併の影響もあるだろうけど、地方公務員の人数は2005年度から22万8千人減少したそうだ。
それでも、時々市役所に行くと『随分とのんびりした仕事ぶりだなぁ』と思うわけだけど、それでも
削減はしている。

ところが国会議員はどうだろう!?
ホント、嫌になっちゃいますね。リーマンショックから未だに経済の立て直しが出来ずに
大学生の就職率は最悪な状況になっているのに、国会議員たちは稚拙な国会運営をしているだけで
膨大な議員歳費を受け取っているんだから。


お~っと、忘れていた。地方公務員は一定の痛みを強いているけど仕分け事業が行われている
特別会計や独立行政法人の役人たちも我関せずですね。

仕分け事業は民主党政権のパフォーマンスに過ぎないと言われていたけど、
これは事実のようです。

過去に事業廃止を言い渡された事業者たちは狡猾な態度に出ている模様。

事業の名称を変えて予算要求をしたり事業を統合し免れようとしているようです。
挙句の果てには仕分け結果を無視して事業の存続をしたりとやりたい放題です。
役所の長である国務大臣の決定に背く行為、民間会社で言えば社長をはじめとする取締役会で
決まった事業方針を無視しているようなもの。

そんな事が許されるはずもないのに、世間の常識が通じない世界があるようです。

民主党が掲げた「政治主導」はどこへ行ったのか?


何でこんなルール違反事をやっている連中に税金から膨大な給料が支払う必要があるんだろうか?
即刻、給与の支払いを止めたっていいのにね。

ホント馬鹿らしい。
もう、声を大にして言いたいよ。

”税金なんて払うのはよそうよ”

てね。
事業仕分けの仕分け人による質疑に対する仕分け対象事業者たちの言動を見ていると
腹立たしくて仕方がない。

一流大学を出たエリートという自負があるのかもしれないけど、その言動は
見苦しくてまるで駄々っ子のようだ。
こんな連中がしぶとくのさばっているなんてねぇ。

もう強硬手段しかないでしょ。
そもそも仕分け第2段から半年、未だに仕分け結果を順守する気がないんだから
予算をストップすべきではないか!



スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/171-b4be7206

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。