政権交代最大の成果は - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政権交代最大の成果は

民主党が政権運営には適さない政党だと言う事が分った事かな。

とは言え、自民党政権がベストなわけではないんだけど。

それにしても野党ボケした政党が政権を握るとここまで酷いとは
思わなかったなぁ。

閣僚による連日の失言に辟易してくる。
いや、失言と言うよりは本音が出ているに過ぎないのかもしれない。
野党時代にはいくら好き勝手に言ってもマスコミに取り上げられる事は
なくても、今は立場が違うからね。


影の宰相と言われる仙谷由人(64)官房長官による

『暴力装置でもある自衛隊』

発言。
凄いよねぇ。国のナンバー2がよくもこんな答弁が出来るものだ。
これまでの自衛隊の存在意義を全否定するかのような発言、国内にどれだけの人が
自衛隊員として働いているのかは分らないけど、彼らだけでなくその家族へも
大変失礼な発言だ。

しかも、自衛隊員は特別職の国家公務員であり彼らの給料は税金で支払われている。
暴力装置に税金を支払っているとでも言いたいのだろうか、仙谷由人は?


先には自らの無能さを露呈した柳田稔法務大臣(56)の国会軽視発言もあった。
今朝の新聞では’問責決議’が可決する見通しがある事が書かれている。
彼の発言を聞くと、法務大臣なんて言うのは誰でも出来てしまうと思ってしまうね。


そして情けないのは他ならぬ菅直人現総理だ。
もし、野党時代に自民党の閣僚がこんな発言をしたのなら、すぐにでも
辞任要求、問責決議とわぁーわぁー騒いでいた事だろう。

立場が変わった瞬間に思考までもが変わってしまったと言う事だろう。
これは民主党員全てに言える事でもあるけどね。


本来ならすぐにでも解散総選挙をやるべきだと思うけど、
菅政権は

『首相の顔をコロコロ変えるべきではない』

と言う事だけで支えられている。本当に不幸な事だ。
首相の座、大臣の座を死守する為の理由がこれだもんなぁ。


思えば菅直人と小沢一郎による代表戦の時に、博打でもよかったから
小沢一郎が当選していてくれていたらなぁ・・・

でも、菅直人が当選した後、不思議にも民主党の支持率が急上昇した。
政治家のレベル=国民のレベルだから仕方がないのかもしれない。


ビジネス界では政治の話や野球の話、宗教の話はタブー視されているけど、
少なくとも政治の話はオープンにすべきだと思う。
その為にはやはり教育ではないだろうか。

義務教育のスタートである小学生の段階から政治教育に取り組めば、
政治家のレベルも上がるのではないだろうか。
そうすればタレント議員なんて政治を冒涜するかのような議員が出てくる事も
なかろう。


そう言えば、大量当選した民主党1年生議員は何をしているんだろうね?
こんな愚かな大臣たちに対して何も言えないのは何故なんだろう??
一人くらい見切りをつけて離党するくらいの勇気の持ち主はいないの???

情けない話だ。

政権交代が起きてから1年と3ヶ月ほどですか。
確かに自民党政権時代には見えないものが見えた部分もあった。
でも、それよりも目立つのは国会議員のレベルの低さだ。

こんな危機的な状況にも関わらず、国会では居眠りをしている議員が
いるようだ。

そろそろ解散へのカウントダウンの時期だろう。
仙谷、柳田の失言により急落している政権支持率も20%を割り込む事も
十分にあり得る。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/173-9cef11f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。