ワークショップを終えて - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークショップを終えて

4月7日の月曜日、チーム活動の大きな一歩となるワークショップのトライアルを
某企業で行いました。

実施中の様子や実施後のアンケートを見ると、大成功だったな、というのが
率直な感想です。
私自身、俳優のトレーニングがどのような効果が見られるのかが未知数でしたが
実際にその場で見て、これは大いに役立つと実感できました。

その点では今後の活動に大きなプラスとなりました。

一方で、実際にワークショップをやってみて課題点も多々見つかりました。
最初から完璧なものは求めていなかったし、第一歩を踏み出さないと
見えないものもありますので当然といえば当然ですが。



今回はビジネスマン向けの、それもレベルの高い人達にワークショップを
実施したので、やりやすい部分はあったと思います。

これを一般市民向けにやった場合、同じような反応が得られるのか?
ず~っと考えていました。
ビジネスマン相手と市民相手ではスタンスが変わってきてしまいますからね。


私達の活動の目的は

芸術のもつ感性や感度を、生活の中で役立ててもらいたい

という思いがあります。
企業向けに実施した結果、ビジネスに役立つワークショップという位置づけは
避けなければなりません。

付属的にビジネスで役立てて貰うのは全く構いませんが、それ以前の
本質の部分が大切なんです。


コミュニケーションはテクニックで磨かれるものではありません。
日常の生活の中で感性や感度を少しずつ磨いていく結果、
身について行くものだと思います。


次回は6月の下旬に一般市民向けのワークショップを行う予定です。
どんなワークショップにするのか今から煮詰めなければならないなぁ。

でも、一回目のワークショップを無事に終えられてホッとしました。






スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/18-6f93697a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。