尖閣諸島なんてくれてやれ!? - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島なんてくれてやれ!?

ホリエモン(堀江貴文氏)の発言にすかさず反応したのが金美齢さんでしたね。

『彼らが占領して何か問題があるの?』
『この時代に日本に危害を加えるわけがない。国際社会が許さないでしょ?』
『日本を守る必要なんてない』

次々と飛び出す言葉に唖然としてした人もいれば、『そうかもしれない』と
思った人もいる事でしょう。


どうなんでしょうね?もし日本に自衛隊がいなかったら、中国・ロシア・北朝鮮その他の国は
日本に侵攻してくるんだろうか?
そして安保条約を締結しているアメリカは日本を守ってくれるのだろうか??

ボーダレス=国境がない、のがインターネットの世界だけど、島国ニッポンに住む
日本人は『自国』を意識しているんだろうか?

台湾出身の金美齢さんや帰国子女であるタリーズ創業者(現:みんなの党参議院議員)の
松田公太さんなんかは愛国心が強いようでしたけど、一般の日本人はそれほど愛国心に
関心がないような気がします。
もちろん、敵国から攻められれば日本国民として戦うはずですけどね。


中東で起きている独裁政権への反発、ツイッターやfacebookから若者を中心に運動が
起きています。
程度な違いこそあれ、日本の若者も既存のシステムによる抑圧に苦しんでいます。

田原総一朗さんは、
『日本の若者は何で怒りを表さないのか?』
『週十万人規模のデモを起こさないのか?』
と言っていましたね。

”そもそも諦めている”と素っ気ない事を言う人がいました。

どうなんだろう?

『国会議事堂前に集まってデモを起こそう!』

と、SNSやツイッターで呼びかけたらどれくらいの人が反応するんだろうか?
そもそも、それを書き込んだ時点で逮捕されるなんて事はないのかなぁ??


若者の牙をもいだものは何なのか?
そもそも追われ過ぎていてそんな事に時間を割いている暇がない、と言われそうです。

この心理というのは恐ろしいですね。
”新卒の間に安定ある企業に就職できなければ一生負け組になってしまう”、
こんな危機感があるのかもしれません。


もしかして、『卒業後3年間は新卒扱い』という事に喜んでいないだろうか。
ハッキリ言ってこんなのは何の意味もないよね。

何故なら、在校生にとっては同年代とプラスして3年分の就職浪人がライバルと
なるわけですからね。
かえって就職活動が難しくなるような気がするけど(笑)


ホリエモンのこの発言は注目でした。

『日本の会社に経営者はいない。だから私や村上ファンドの村上世彰さんはM&A(企業買収)を
 実施して、本物の経営者を送り込み日本社会を変えていた』

iモードビジネスの立ち上げに携わった夏野剛さんも言っていました。
『新卒で入社し企業にしがみ続けた人が30年後に取り締まりになっている』
と。
『むしろ有能な人はどんどん企業を飛び出し自分から行動を起こしている』

一企業に生涯を捧げる事は吉なのか凶なのか・・・

少なくとも今の時代、『安定』なんて言葉を信じている人は”バカ”か
”よほど世の中の流れが分らない人”ですけど。


ランダムに、しかも支離滅裂に書いてきたけど朝生を見ていない人が見たら
理解できない記事かも!?


最後に、

日本の総理大臣が1年と持たずにコロコロ変わっても安定しているのは何故なのか?
とある外国人記者が質問したそうです。

それは政治は機能しなくても70年にも及ぶ官僚機構があるから、という言葉に
恐怖心を抱いてしまいました。
猪瀬直樹さんですよね、
『大きな変革を実行するには1年では到底無理だ』
と言ったのは。

所詮、日本の政治は官僚が操っているという事、でも、
安定と言いつつも実は徐々に沈んでいる事に気付いている人もいます。


”『激論!日本は本当にダメな国なのか?!』”

というテーマの回答が全く出ていませんでしたね(笑)


それにしても、ホリエモンや東浩紀さんのような視点に付いて来れない(拒否している)
パネリストがいるというのも、時代の流れなんだろうなぁ。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/186-bccb0292

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。