親鸞フォーラムレポート、生命とは何か? - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親鸞フォーラムレポート、生命とは何か?

2011年2月6日(日)、六本木アカデミーヒルズで開催された”親鸞フォーラム”へ
参加してきました。

浄土真宗の宗祖とされる親鸞のフォーラムが近代化の象徴でもある六本木で
開かれる事に多少の違和感を抱きつつ、久々に六本木までいってきました。


六本木ヒルズ 親鸞フォーラム  親鸞フォーラム会場内 

第5回目となる親鸞フォーラムのテーマは

仏教と生命ーいのちのゆくえ

いかにも、なテーマですね。でも、フォーラムは堅苦しい話はなく、むしろ
笑いが何回も起きるほど楽しいものでした。


何せ、パネリストが

養老孟司(解剖学者・東京大学名誉教授)
福岡伸一(青山学院大学教授)
●織田顕祐(大谷大学教授)

の3名ですからね。

織田さんという方は仏教学の教授なので話が難解でしたけど、養老先生の話が
面白い事は周知の事ですよね!

福岡伸一さんって最初は『ビートたけしのTVタックルに時々出ている人』だと
思っていたら間違っていました。(それは福岡政行教授でした)


でも、福岡伸一先生が書いた著書のタイトルを聞いて『この人だったんだぁ~』と。

生物と無生物のあいだ

という本です。ベストセラーになりましたね。(読んでないけど)




見た目は取っつきにくそうな雰囲気だったんだけど、話が物凄く面白い。
ノンストップでの2時間のセミナーがあっと言う間に過ぎてしまいました。


生命(いのちではなく”せいめい”)とは何か?

コーディネータの方がお三方に問いかけ親鸞フォーラムがスタートしました。


最初に答えたのが福岡先生です。
福岡先生は、

『生命とは流れです』

と”動的平衡”という難しい言葉で説明し始めました。

この”動的平衡”がフォーラムのキーワードになったと思います。
セミナー終了後、物販コーナーで速攻で購入しました!


動的平衡① 動的平衡③ 動的平衡②

まだ読んでいないのでWikipediaを見てみると

「生命とは動的平衡にある流れである」

とありますね。
何で生命が流れなのか?


ノックアウトマウス=意図的に遺伝子の一部を欠損させたマウス、の実験をもとに
紹介してくれました。
そのお話が実に興味深かったんだけど、続きはまた次回に。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/187-43648a1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。