親鸞フォーラムレポート④~エントロピー増大の法則~ - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親鸞フォーラムレポート④~エントロピー増大の法則~

4回目を迎えた”親鸞フォーラムレポート”ですが、何だか無秩序な内容に
なってきました(汗

今回は初めて私は聞いた『エントロピー増大の法則』というものついて
記事を書くとします。


聞いた事ありますか?『エントロピー増大の法則』って。

コチラのサイトで詳しく説明がされています。
(URL:http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/entoro.html)

フォーラムの中では

『自然とモノが増えていく』

と説明していました。



初めて一人暮らしをする時、母親から

『モノを増やさない事!必要最低限度のモノがあれば十分』

とアドバイスされました。
その結果、私の部屋はモノで溢れています(笑)

でも、これが『エントロピー増大の法則』のようです。
どうしても拡散していってしまうのです。


生命も『エントロピー増大の法則』には逆らえないという事を
言いたかったんだろうか?


細胞って初めから”壊されるもの”として存在しているようです。
だからこそ細胞分裂が絶えず行われます。
言ってみればヨワヨワユルユルな不安定な状態です。
でも、不安定だからこそいいのです。
何故なら、再構築させる為には一度”破壊する”必要があるからです。


たんぱく質を分解する方法は10通りほどあるようですが、
精製するのは難しい、と言っていました。


生命が流れであるのは、生命が不完全だからとも言えそうです。


人間には体内への異物の侵入を防ぐために”免疫”という機能があります。

人間の体内にはおよそ60兆個もの細胞が存在しています。
でも、次の事実に驚く事でしょう。

『腸内には腸内細菌が180兆個が存在しているのです。』

腸内細菌って本当は異物のはず、それなのにこんなに膨大な数が生息している事こそ、
生命が流れの中の一部である事を示しています。


昔の人はちゃんと知っていたんですよ!

『人は死んだら土に還る』

と言っていましたから。
人間も自然の一部なんです。

にも関わらず、人は自然を破壊しています。将来、自分と一体になるのにね。


何だか自分でも何を書いているのか分らなくなってきました。
まぁ、こういう考え方って頭で理解できなくて、ある日、ふと腑に落ちるものでは
ないでしょうか?



スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/190-d10efdf3

-

管理人の承認後に表示されます

2011-02-16 19:23 | from

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。