思い出=映像+音 - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出=映像+音

こんにちは。東京は何やらまた天気が悪くなりつつあります。

春の天気ってこんなに変化が激しかったかなぁ??
”春眠暁を覚えず”とは良くいったもので、最近は
いくら寝ても寝たりないです。


先日、日本テレビのニュースZEROで歌手の福山雅治さんの
特集をやっていました。
地元、長崎で写真展を開くそうで、密着した取材がなされていました。

福山さんが写真に魅せられたのはHELLOという曲のジャケット写真を
撮られた方(名前は忘れました)との出会いだそうです。


その方の子供のように無邪気な様子を見て、
魅力に感じたんでしょう。



思い出=映像+音、このような事を言っていました。
長崎と言えば世界的に見ても2番目の原爆の被災地、福山さんも
8月9日のサイレンの音が脳裏に残っているそうです。


表現者としての福山さんが語っていた言葉の中で
特に印象に残っている言葉があります。

表現は日常の中に感動をいかに見出すか?


当たり前の日常生活を送っていると、それに慣れてしまい
気付ける事さえ気付けなくなってしまうんですね。

それは私達のプロジェクトのリーダーもよく言っていることです。
毎日過ごしているいつもの部屋の中にでさえ、気付いいないことは
まだまだあるだろうし、一歩外へ出れば、同じ道でも
徒歩の場合、走った場合、自転車に乗った場合、とスピードが
変わるだけでも見える風景というのは大分変わるものです。

ここにその日の気分を加えると、毎日が違う一日だと
気付くかもしれませんね。


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/21-7ce9e13c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。