味覚を失った人々 - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味覚を失った人々

高給料亭船場吉兆による料理の使い回しの事件(事件でいいよね?)が起きた事で、再び「食」について考える機会が訪れた。


記憶に新しいのは中国の毒入り冷凍ギョーザ事件
そういえばこの問題どうなったんだ?
相変わらずこの問題もうやむやになったなってしまったのだろうか?


福田首相、呑気にパンダのレンタルの確約を得て喜んでいる場合じゃないよ!
しばらくあの女将と社長の映像がテレビ、マスコミを騒がせるんだろうなぁ。
マスコミとっては格好の吊るし上げの相手だもんね、しかもあんな会見を
してくれたもんだから陰では喜んでいるのではないだろうか。


高給料亭の味に・・・いやブランド名の付いた料理を大そうなご馳走として
喜んで食していた人は今頃どう思っているんだろう?
大そうな御託を並べながら船場吉兆の料理に舌鼓を打っていたのだろう、きっと。

さて、批判はこのくらいにしよう。

先日、チームのミーティングを大戸屋で行っていたんだけど、
そこで驚くべき光景を目にした。
大戸屋って料理を頼むと格安でコーヒーを飲む事ができます。
(私もよく利用しています)
そこでコーヒーのお替りに行くと、前の客がありえないほど砂糖を入れているわけ!
ちょっとイメージが付き難いだろうけど、一瓶の半分くらいをぶち込んでいた。

間違いなく溶けていないよ、全ては。
その事をメンバーに話すと、別の例。

トンカツだったかな?トンカツにソースをかけていたサラリーマン、その量が
これまた半端じゃない。トンカツの原型が分からないほど、表面が真っ黒になるほど
ソースをかけていたそう。
でも、驚くのはまだ早い!そのサラリーマン、少し食べてある事に気付いた。
トンカツをひっくり返すと、当然そこにはソースはかかっていない。
すると躊躇なく全てのトンカツをひっくり返し(裏面を表にしたわけだ)再び
真っ黒になるまでソースをかけたんだそうだ。

もはやトンカツではなく、黒い物体・・・


味覚がおかしい人が本当に増えた。
テレビの特集でも時々やっているけど、マヨラーとか唐辛子を何にでもかける人とか。
味覚障害だよね、完全に。素材の味を頂こうとは思わないのだろうか?

こんな人間ばかりではない事は重々承知しているが
それでも「食育」という言葉が頭をかすめてしまった。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/35-3d2f11a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。