若手デザイナーとエコがドッキング!? - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若手デザイナーとエコがドッキング!?

こんばんは。
梅雨寒が続いていますね。

ヤフーニュースを見ていると気になる記事を見かけました。

  ↓     ↓     ↓

エコかっこいい”がファッションのキーワードの一つになりつつある中、
20代、30代の若手デザイナーらが手掛ける、自動車の廃材を使ったおしゃれな
ビジネスバッグやショルダーバッグが次々と登場している。
                                  (抜粋:ココ

デザイナーに限らず芸術家が世の中の商品コンセプトを変えてしまうことは
今後も起きることだろう。

いや、むしろクリエイティブな人たちこそがそのアイデアを
エコなどに役立てて欲しい。
今回紹介されている商品は今まで廃材となっていた大型車の
タイヤチューブを再利用したエコバッグだ。

大型車を支える重要なパーツであるタイヤチューブには
より強固な耐久性が求められる。
だからこそバッグにした時は丈夫な素材として蘇る。

しかも新品ではなく長年使用されてきた味がある。
世界と同じ商品はどこにも存在しないオリジナルバッグが職人によって
作り出される。





ホームページを読んでいると、このSEALと言う会社の想いが伝わってくる。

ゴミにアイディアとハートを入れて”この言葉にグッときてしまう。

ご存知のように日本にはゴミが溢れかえっている。だけど、
そのゴミは本当にゴミだろうか?
新しいコンセプトを入れることによって新しい商品として蘇る可能性だって
あるのではないだろうか?

こらから日本は想像(創造)の時代を向かえるといわれている。
彼らのようなクリエイティブな人たちが世の中に溢れていけば
社会は少しずつ変わっていくと信じている。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/48-aaecc94c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。