全米オープンに釘付け - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米オープンに釘付け

こんばんは。
今日は寝不足のまま会社へ向かったゴルフファンも
多かったのでないでしょうか?

テレビ朝日で放映された全米オープン選手権のプレーオフ、
トリプル・グランドスラムを目指すタイガー・ウッズと
最高年齢での優勝を目指すロッコ・ミーディエイトでの死闘・・・
そう、まさに死闘でした。

タイガーは手術後では初のプレーだったのかな?
随所に苦痛の表情や足を引きずる場面が見られ、
途中棄権してもおかしくない状況だったと思います。



そんな中、前半はミーディエイト優位の状況での試合展開、
でもここからが凄かった、まさにタイガー・チャージ、
見る見るうちにその差を縮め最終18ホールに見事にバーディーで
並ぶと、反対にミーディエイトにプレッシャーをかける展開に。


ミーディエイトもこの物凄いプレッシャーの中でのパー・パットを
見事に沈め、死闘はサドンデスに突入します。


さすがに集中力が切れたのかミーディエイトはティーショットを
バンカーに入れてしまい、続くリカバリーにも失敗。
タイガー・ウッズの見事なトリプル・グランドスラムの達成となりました。

決して諦めない精神力、不屈の闘志、タイガー・ウッズというゴルフプレイヤーは
やっぱり強い!

タイガー・ウッズは亡きお父さんから褒められながら育てられたと聞きます。
どんなにプレーで失敗しても、父だけはタイガーを信じ続けた。

何があっても信じ続けてくれる人が身近にいるって
大切なことですね。


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/52-7c85ce36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。