新しい東京文化を考える - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい東京文化を考える

こんにちは。
これから東京青年館へ行ってきます。

ここでシンポジウムがあるんですよ。

↓  ↓  ↓

文化シンポジウム

大阪では文化が失われつつあります。
多額の財政赤字を抱える大阪での
橋下知事の判断が正しいかどうかは今は分かりせん。


でも、文化が失われるることとはどういう事なのか?
ちょっとあなたにも考えてほしいです。

対照的に東京都では”ヘブンアーティスト”なる
大道芸人などのパフォーマーを認定するシステムが産まれ、
そして今回のシンポジウムが開催されます。

新しい東京文化なんて聞くとどんなイメージをもたれますか?
じっくり聞いてきてこのブログでフィードバックしたいと思います。


PS:基調講演 として平田オリザ氏が登場します。

平田氏が2001年に著した「芸術立国論」
誰もが芸術を教授できる社会は来るのだろうか・・・


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/59-efdf9d0d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。