あなたは誰?自分の可能性を信じよう - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは誰?自分の可能性を信じよう

ヒトって意外と自分自身の事が
一番分かっていないのかもしれません

無理はないかな?

よく、
「自分らしく」
と言われるけど、
その自分っていうのは
多くの場合が他者によって
作られてしまう


親だったり、学校の先生だったり
あるいは友達だったりする


言われた事あるでしょ?

「お前には無理だ」
「○○が出来ないのは仕方がない」
「○○は向いていないよ」

幼いあなたの可能性を潰してきた
言葉達

言った人たちに悪意があるかどうかはわからない


知らず知らずのうちに
「他人が思い込んでいるあなた」
にあなた自身がなってしまっている
ケースが多々ある

本当はもっと飛べるんだけどね


タイガーウッズはね、どんなに失敗しても
「お前は天才だ、必ず世界一になる」と
いつも言ってくれたお父さんがいたんだ


多くのメダリストを育てた小出義雄監督は
選手を徹底的に褒めて、良いところを伸ばした

そこには厳しい愛があるんだけど
信頼関係が築けているから
信じることができる


悪い部分を直すのは均質化、
悪い部分を認めながら良い部分を更に伸ばすから
個性が光るんではなかろうか?


不思議なことに
相手に認められると自分を認めることができる

「Qちゃんは世界一強いんだ」と
信頼している人から何度も何度も言われると
「私は世界で一番強い」と自分自身を信じることができる。



もっと自分を信じてみよう
他人が作った偽の自分とは
もう卒業だ

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

褒め上手

自分が認められたいと思う前に自分が相手を認めればいいだけ。

よく励まし上手って言われるけど、
結局のところ、その方が自分も元気になれると言う相乗効果なんですよね。

2008-12-06 02:18 | from ヨウコ

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/90-6a2d7607

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。