イジメと向き合え、大人たち - 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イジメと向き合え、大人たち

こんばんは。


天気予報どおり午後から雨が降り出しましたね。
週間予報を見ると木曜日は最高気温18度の予報が
出ています。
寒暖の差が激しいので体調に気を付けて下さいね。



毎週、日曜日の深夜は
ヤンキー先生こと義家弘介がパーソナリティーを務める
ヤンキー先生の夢は逃げていかない」を聴いています。


この番組を聴いていると
「如何に今の子供たちが追い詰められていうのか」が
分かります。
(もちろん、全てのティーンがこのような状態ではありませんが)


いじめや進路に悩んだ子達が駆け込み寺のように
全国のから救いの電話を掛けてきます。


7日の放送では
「筆箱に焼きソバを入れられる」といった、
およそ理解しがたいイジメを受けている男子生徒から
電話がありました。



暴力を受けケガを負ったり、お金を取られたり、プールに
落とされたりと、毎回この番組を聴く度に
「どうなってしまったんだ?この国の教育は」と
憤りを感じます。


ある中学生の女の子はずーっとイジメを受けながら
優等生を演じ続け、親に一切相談をしていませんでした。
でも、とうとう”自殺を考えるほど追い詰められ”
ヤンキー先生にSOSのコールを掛けました。


義家先生はただ一言、彼女に語りかけました。

「もう我慢しなくていいんだぞ」

こう発した直後、その女の子は
堰を切ったように泣きじゃくりました。


たったの一言です。
でも、彼女はこの言葉を待っていたんだと思います。


おそらく、こうしている間にも全国で
同じように誰にも相談できずに、自己嫌悪に陥り
生きる意欲を無くしてしまっている子供たちが
多くいるんだろうと思います。


義家氏はこの番組でよく言います。

「何があってもイジメは犯罪だ」

「ダメなものはダメなんだ」
と。


多くの大人たちが”見てみないフリ”をしている中、
義家氏は本気で子供たちと向き合っています。


最近はイジメのニュースをほとんど聞かなくなりましたが
厳然と、イジメは全国の学校で行われています。

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ニュースにならないと

すぐ忘れ去られてしまうってヘンだよね。
過去のことになってしまう風潮は何の責任だろう。
依然状況は変わらない、それをニュースにしないと。

やっぱり、共に考えて寄り添って
あげる気持ちをみんな待ってるはず。
大人だって同じような心境に落ちることってあるはずなのにね。

2008-12-10 01:19 | from ヨウコ

No title

>ヨウコさん

それだけ時代の変化が早いと言う事でしょうか?
何をそんなに急いでいるんだろうか?

2008-12-10 23:43 | from 和人

トラックバック

http://lifeofartisticmind.blog82.fc2.com/tb.php/94-cec72474

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。