- 和人VOICE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の教養フェスティバル、竹中平蔵氏の講演より

先週の日曜日(2011年2月20日)、友人を誘って両国国技館で開催された
お金の教養フェスティバル』に参加してきました。

⇒ サイトはコチラ

何だか、お金の教養フェスティバルなんて聞くと難しい講演だと思うかもしれないけど、
講師の顔ぶれを見て下さい。

竹中 平蔵
橋本 顕愛
カン・チュンド
古田 敦也 / 泉 正人 (対談)

元プロ野球戦の古田氏がいます!

第一部では小泉内閣で経済財政政策担当大臣を務めた竹中平蔵氏が
”2011年、日本そして世界の経済を「読み解く」!”
と題した講演をしてくれました。


以下、講演で学んだ事

≪民主党政権が掲げる税と社会保障の一体改革の問題点≫

税と社会保障の一体改革ではなく”経済と財政の一体改革”を行わなければ意味がない。
何故なら、税と社会保障は財政の中の一部でありここだけを改革しても意味がない。
’増税は既定路線’となってしまう恐れがある。

消費税率を上げても税収が増えない事は歴史が証明している。
増税初年度は税収が増えてもそれがピークであり、翌年からは税収は減っていく。
デフレを脱しない限り”税と社会保障の一体改革”は不毛な議論だ。

民主党の中に『マクロエコノミックマネジメント』が出来る人がいないのは大問題だ。


≪未熟な政権交代≫

歴史的大勝利を修めた2009年夏の総選挙、自民党にNO!と付き付けた国民の意志により
政権交代が実現した。

が、そもそも政権交代する事が目的だった民主党にその後のヴィジョンは
ほとんどなかった。
竹中氏は日本の政権交代を未熟だと言っていた。

対してイギリスで起きた政権交代は成熟したものだと説明。
イギリスでも野党労働党の党首であったトニー・ブレアが保守党を破り
政権交代を実現。でも、その後の政策は日本とは大違い。

日本では自民党が積み上げてきた政策を民主党が全否定してしまった。
その最たるものが『普天間基地移設問題』だ。
『経済財政諮問会議』も廃止してしまった為に、民主党政権下では数々の
委員会が誕生する事になってしまった。

成熟した政権交代とはこれまでの政策にスパイスをかけて、自分が作った政策の
ようにしてしまうこと。
当初から、官僚に対して敵対心がった民主党は官僚の知恵を借りる事無く未熟な
政策運営を実行してしまった。
その結果、国民との契約である”マニフェスト”を次々と反故にしてしまった。

特別会計の組み替えにより17兆円の財源捻出は可能と言っていたのに、事業仕分けで
捻出できた財源は10分の1の1.7兆円に過ぎなかった。


≪普天間基地移設問題の真実≫

竹中氏が小泉さんに普天間基地移設問題について尋ねた事があったそうです。
結果から言ってしまうと、小泉純一郎とジョージ・W・ブッシュとのトップ会談で
日米合意が出来る寸前でした。
が、鳩山由紀夫がいとも簡単にそれを白紙に戻してしまった。

辺野古に2本の滑走路をどう造るかで周辺住民・日本政府・アメリカ政府との間で
何度も議論が行われました。
最後に小泉さんがこう言ったそうです。

『あとは、私とブッシュとで合意を取り付ける』

と。
それを覆したものだから、普天間基地移設問題の解決はしばらくないだろう。


≪株価が上がっても景気回復はまだ先≫

景気は回復していないのに、株価が高い不思議な状態が続いている。が、
これは不思議でもなんでもない。
日本の市場に見切りをつけた企業が海外の市場で売り上げを伸ばしているからだ。

パナソニックが2011年度の新卒採用1390人のうち、外国で採用する”グローバル採用枠”
を1100人にすると発表したのは記憶に新しい。
大学生の就職内定率の低さもここに原因がある。今後は、日本の新卒者だけでなく、
海外の学生とも就職戦線を戦わなければならない。


≪その他、印象に残った竹中氏の言葉≫

●与謝野馨と言う人は”与党”と”野党”の間で”謝る”人だ。

●民主党はマニフェストの呪縛から逃れない限り、迷走をし続ける。

●将来は誰もに公平に訪れるのだから、常に知識を高めておこう。

●新聞やマスコミの報道を鵜呑みにするな。


親鸞フォーラムレポート⑤~ダーウィン最期の著書~

養老孟司先生と同じように昆虫好きの福岡伸一先生がダーウィンのこんな
エピソードを話してくれました。

ダーウィンと言えば『進化論』を提唱した人ですね。

でも、ダーウィンさんも大の昆虫好きで特にミミズへの研究を
生涯にわたり行っていたようです。
ダーウィン最期の著書もミミズに関するものなんだとか!?


ミミズには意識があるのか?
ダーウィンは実験の結果『ある』としました。。

ミミズが穴に運び入れている落ち葉にちょっとした細工を施した実験です。

ダーウィンは葉っぱをギザギザにカットし穴に引っ掛かるようにしたのです。


穴に落ち葉を搬入する事ができないミミズはどうしたか?

悩んだ』そうです。
(ここで会場からは爆笑の声)

しばらくすると、ミミズは葉っぱの向きを変え見事に穴の中への搬入を
成し遂げました。

これを見てダーウィンはミミズにも”意識がある”と文献に書いているようです。


福岡先生はこんな事も言っていました。

動的平衡の中で物資は常に入れ替わっているのに、自己同一性は保たれています。

毎朝、起きた瞬間に

『良かった、今日も昨日と同じ自分だ』

と確認する人はいません。
絶えず変化しているのに”自分が自分たるものをつなぎ止めているもの”

それは『意識』や『記憶』や『免疫』などのようです。
(記憶を司る脳の器官も物質なのでここの説明が曖昧でしたけど)

自己の確立という点では多神教の日本人より、一神教の国の人の方が上手いそうです。
アメリカ人は幼い時から『自己の確立』をする訓練を徹底的に行います。
その方法が”選択”であり、曖昧を許さず自分の意思で選択させるのです。


現代社会への警鐘として『快を求め過ぎるな』と。
快を求めればその反動で不快が増していくからです。

脳科学者の苫米地英人先生は
”コンフォートゾーン(快適領域)”と表現しています。

空調のお陰で365日快適に過ごす事ができるけど、一方で暑さや寒さへの我慢が
出来なくなってしまった。
移動手段の発達によりどんな所にも行けるようになったけど、その分
”待つ”という事が出来なくてしまった。

世の中が便利になればなるほど、時間に追われる生活を強いられているのでは?
13年連続で年間の自殺者が30,000人を超えていると言うのは何を意味しているのか??


まぁ、そんな混迷した時代に一つの答えを示してくれるのが”仏教”だと
親鸞フォーラムの主催者は言いたいんでしょうね。

親鸞フォーラムレポート④~エントロピー増大の法則~

4回目を迎えた”親鸞フォーラムレポート”ですが、何だか無秩序な内容に
なってきました(汗

今回は初めて私は聞いた『エントロピー増大の法則』というものついて
記事を書くとします。


聞いた事ありますか?『エントロピー増大の法則』って。

コチラのサイトで詳しく説明がされています。
(URL:http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/entoro.html)

フォーラムの中では

『自然とモノが増えていく』

と説明していました。



初めて一人暮らしをする時、母親から

『モノを増やさない事!必要最低限度のモノがあれば十分』

とアドバイスされました。
その結果、私の部屋はモノで溢れています(笑)

でも、これが『エントロピー増大の法則』のようです。
どうしても拡散していってしまうのです。


生命も『エントロピー増大の法則』には逆らえないという事を
言いたかったんだろうか?


細胞って初めから”壊されるもの”として存在しているようです。
だからこそ細胞分裂が絶えず行われます。
言ってみればヨワヨワユルユルな不安定な状態です。
でも、不安定だからこそいいのです。
何故なら、再構築させる為には一度”破壊する”必要があるからです。


たんぱく質を分解する方法は10通りほどあるようですが、
精製するのは難しい、と言っていました。


生命が流れであるのは、生命が不完全だからとも言えそうです。


人間には体内への異物の侵入を防ぐために”免疫”という機能があります。

人間の体内にはおよそ60兆個もの細胞が存在しています。
でも、次の事実に驚く事でしょう。

『腸内には腸内細菌が180兆個が存在しているのです。』

腸内細菌って本当は異物のはず、それなのにこんなに膨大な数が生息している事こそ、
生命が流れの中の一部である事を示しています。


昔の人はちゃんと知っていたんですよ!

『人は死んだら土に還る』

と言っていましたから。
人間も自然の一部なんです。

にも関わらず、人は自然を破壊しています。将来、自分と一体になるのにね。


何だか自分でも何を書いているのか分らなくなってきました。
まぁ、こういう考え方って頭で理解できなくて、ある日、ふと腑に落ちるものでは
ないでしょうか?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。